FRESH ROASTER珈琲問屋について -株式会社フレッシュロースター珈琲問屋-

FRESH ROASTER珈琲問屋を運営する株式会社フレッシュロースター珈琲問屋は、神奈川県川崎市にある1988年創業の会社です。主な事業は、コーヒー生豆の卸・販売、コーヒー・紅茶の関連器具の輸出入、関連雑貨のギフト商品の卸・販売、雑貨の卸・販売、各種コーヒー飲料とパン類を主体としたカフェ喫茶販売など。

実店舗は、「珈琲問屋」が国内14店舗・海外2店舗・流通センター1拠点、「珈茶問屋アンジェ」が国内1店舗。店舗用スマホアプリがあります。

送料は全国一律550円ですが、自家焙煎珈琲豆の購入金額が3,240円以上だと送料無料になります。自家焙煎珈琲豆を購入した際の加工オプションは、ワンウェイバルブ加工が55円、真空缶加工が165円。ワンウェイバルブは、袋の中の空気を外に逃がし、外の空気は入れないもの。他店では、普通に付いていたりします。真空缶は、空気を抜きながらアルミ缶に入れるもの。

クリック→楽天市場店へ移動

FRESH ROASTER珈琲問屋の購入体験情報

エメマン・ミニ樽ギフトを購入したことがありますが、注文から配送までスムーズでした。挽き方は「粉(ペーパー用14番)」か「豆のまま」か、選べます。ペーパー用14番に関しては、次項の画像を参照。

エメラルドマウンテンは、酸味が印象的な味わいでした。コーヒー豆の袋には、生豆時量目200g、焙煎後量目168g、焙煎温度250度、焙煎時間140秒と、詳細なデータが書かれている点が、珍しいかも。

「XX%OFF」といった具合に、セール価格になっていることもあります。ギフト用の商品だからか、緑色の包み紙でラッピングされていました。ミニ樽欲しさに購入しています。

「FRESH ROASTER珈琲問屋」の納品書の画像
「FRESH ROASTER珈琲問屋」のミニ樽ギフトの画像

FRESH ROASTER珈琲問屋の取り扱い商品

取り扱い商品は、定番銘柄のコーヒー、ブレンドコーヒー、アイスコーヒー、カフェインレスコーヒー、コーヒー専用器具、コーヒー関連用品、紅茶、お酒、ソフトドリンク、お菓子など。

「FRESH ROASTER珈琲問屋」のロースト段階の画像

クリック→FRESH ROASTER珈琲問屋Yahoo!店へ移動

FRESH ROASTER珈琲問屋の評判 - レビュー・口コミ -

インターネット上で「FRESH ROASTER珈琲問屋」という言葉と一緒に検索されているのは、楽天市場店、yahoo店です。「FRESH ROASTER」だけだと、fresh roaster coffee tonya、fresh roaster pte ltdなど。

「FRESH ROASTER珈琲問屋」の特定法取引に基づいた情報