カメラのキタムラについて -株式会社キタムラ-

カメラのキタムラを運営する株式会社キタムラは、神奈川県横浜市に本社がある1934年創業、1943年設立の会社です。

主な事業は、「カメラのキタムラ」の運営、記念日スタジオ「スタジオマリオ」の運営、Apple製品の修理サービス「アップル製品サービス」の運営、スマートフォン事業、インターネット販売事業、中古販売事業、フォトカルチャー事業など。

楽天市場 ショップ オブ ザ イヤー2013.2014 TV・オーディオ・カメラ ジャンル賞、2016.2017 TV・オーディオ・カメラ ジャンル大賞、Yahoo!ショッピング年間ベストストア2014 AV機器・カメラ部門 1位を受賞しています。

取り扱い商品は、デジカメ、デジタル一眼、ミラーレス、ビデオカメラ、プリンター、フォトフレーム、カメラバッグ、インク、家電、時計など。

送料は全国一律550円ですが、8,000円以上お買い上げで無料になります。離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。メール便は全国一律0円で、代引手数料も全国一律0円となっています。

クレジットカードはVISA、MASTER、JCB、NICOSが使用可能。コンビニ決済もできます。ショッピングクレジット/ローンは最大84回、実質7%の超低金利です。更に48回、商品によっては84回まで手数料はカメラのキタムラが負担します。

「ベルボン お手軽3段三脚」を購入したことがありますが、注文から配送まで非常に早かったです。ただ、段ボールに小さな穴が開いた為、配送業者の方が「カメラのキタムラの方から、返品しますかと言ってきています」と言うので、箱の状態を確かめてから返品しない旨を伝えました。輸送中に三脚の足の部分に押され、段ボール箱が少し破けたようでした。商品は特に問題なかったです。

クリック→楽天市場店へ移動

「カメラのキタムラ」の明細書の画像

ブランド品が、なぜ安いのか

商品ページで「本製品は並行輸入品となります」とある通り、カメラのキタムラは並行輸入をしているショップです。並行輸入について説明する前に、ブランド品は国によって定価が違うことに触れておきます。

どんな商品でも、原材料費や人件費、広告費や運送費といったコストを回収できる価格設定をしています。そうしないと、売った分だけ損をするからです。同じ商品を展開するにしても、このコストは国によって異なるので、利益を出すために必要な金額にも差が出ます。

こうして、日本のような国だと定価が高くなり、海外には国内よりも安い国があるという状況が生まれます。同じ商品を買うにしても、海外で購入した方が安いので、海外でブランド品を買う人がいるわけです。

ある意味、並行輸入店は「海外でブランド品を買うプロ」と言えます。並行輸入品の仕入れ先は、日本よりも定価が低く設定されている海外の正規代理店や直営店、免税店・特約店が多いです。海外の正規店・直営店で購入しているので、偽物ではなくて本物になります。

ただし、並行輸入品は海外での販売が想定された商品ですので、日本国内向けのものと付属品などで違いが見られます。詳しくは、下記リンク先にて。

クリック→並行輸入品に関する情報を見てみる

クリック→カメラのキタムラYahoo!店へ移動

カメラのキタムラの評判 - レビュー・口コミ -

楽天市場のショップ・オブ・ザ・イヤーは、お客様から寄せられるレビューの他に、投票・売上・注文件数など、総合的な評価で選出されています。ですので、ショップの総合力が厳しく審査されます。逆に言えば、それで評価されることは安心できるショップの証ともいえます。

インターネット上で「カメラのキタムラ」という言葉と一緒に検索されているのは、証明写真、中古、アルバム、iphone、店舗、買取、年賀状、新宿です。

「カメラのキタムラ」の特定法取引に基づいた情報