F-NET GOLFについて -株式会社イケダ薬品-

F-NET GOLFを運営する株式会社イケダ薬品は、群馬県館林市にある1987年設立の会社です。主な事業は、ドラッグストア経営、ゴルフショップ経営、ビジネスホテル経営。店舗名は「ドラッグファインII」「Hotel ファインInn館林」など。

イケダ薬品として開業したのは、1984年。別法人として、株式会社ドラッグファイン設立し、その後に株式会社ファインファーマシーへ社名変更。お薬とゴルフのファイングループを形成。

送料は南東北・関東・信越・北陸・東海が800円、北東北・関西が900円、中国・四国が1,000円、北海道・九州が1,200円、沖縄が4,200円ですが、13,000円以上お買い上げで沖縄以外は無料になります。離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。

クリック→楽天市場店へ移動

F-NET GOLFの取り扱い商品

取り扱い商品は、ドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティー、アイアン、ウェッジ、パター、チッパー・ジガー、レディースクラブ、レフティー(左用)クラブ、クラブセットなど。ブランドは、アダムス、タイトリスト、ダンロップ、ブリヂストン、プロギア、アキラプロダクツ、バーサスゴルフなど。

クリック→F-NET GOLFYahoo!店へ移動

日本正規品とは? 偽物があるの?

F-NET GOLFの商品ページには、『当店で取り扱っているテーラーメイドのゴルフクラブは、すべて日本正規品です』とあります。その説明でピンと来ない人向けに、説明をします。

まず、ブランド品は国によって定価が違うことに触れておきます。

どんな商品でも、原材料費や人件費、広告費や運送費といったコストを回収できる価格設定をしています。そうしないと、売った分だけ損をするからです。同じ商品を展開するにしても、このコストは国によって異なるので、利益を出すために必要な金額にも差が出ます。

こうして、日本のような国だと定価が高くなり、海外には国内よりも安い国があるという状況が生まれます。同じ商品を買うにしても、海外で購入した方が安いので、海外でブランド品を買う人がいるわけです。この海外で購入したものを輸入するのが並行輸入。

ある意味、並行輸入店は「海外でブランド品を買うプロ」と言えます。並行輸入品の仕入れ先は、日本よりも定価が低く設定されている海外の正規代理店や直営店、免税店・特約店が多いです。海外の正規店・直営店で購入しているので、偽物ではなくて本物になります。

ただし、並行輸入品は海外での販売が想定された商品ですので、日本国内向けに販売されている日本正規品とは、付属品などで違いが見られます。詳しくは、下記リンク先にて。ちなみに、ゴルフ用品の場合、並行輸入品は「海外モデル」「海外仕様」や「USモデル」といった書かれ方をします。

クリック→並行輸入品に関する情報を見てみる

クリック→ゴルフ用品店ランキングを見る

F-NET GOLFの評判 - レビュー・口コミ -

インターネット上で「F-NET GOLF」という言葉と一緒に検索されているのは、偽物、yahoo店、評判、楽天です。

ブランド品を取り扱う人気店が、偽物という言葉付きで検索されるのは、お約束のようなもの。安ければ偽物を疑うものですし、ブランド品に偽物が出るのは、誰もが知る事実なので。

クリック→F-NET GOLFのレビュー・口コミへ移動

「F-NET GOLF」の特定法取引に基づいた情報