GMTについて -シュッピン株式会社-

GMTを運営するシュッピン株式会社は、東京都新宿区にある2005年設立の会社です。東証1部上場企業で、取締役会長はソフマップの創業者として知られる鈴木慶氏。「GMT」のほかに「マップカメラ」も運営しています。

GMTは、楽天市場ショップ オブ ザ イヤー2015 腕時計ジャンル賞を受賞しています。他にも、楽天市場EXPO Award2013 関東・甲信越エリア 成功のコンセプト賞を受賞しています。

送料は全国一律無料保証期間は新品ロレックスが5年間、それ以外の新品は基本2年間。国際保証書の日付が2018年7月1日以降のオメガも5年。中古は1990年以降のロレックスが3年間、それ以外は販売価格10万円以上が1年間、10万円未満が6ヶ月となっています。

クリック→楽天市場店へ移動

偽物じゃないのに安い理由

よくある質問の「通信販売について」という項目にある「どうしてこんなに安いの?本当に本物?」の問いで答えられている通り、GMTは並行輸入店です。並行輸入について説明する前に、ブランド品は国によって定価が違うことに触れておきます。

どんな商品でも、原材料費や人件費、広告費や運送費といったコストを回収できる価格設定をしています。そうしないと、売った分だけ損をするからです。同じ商品を展開するにしても、このコストは国によって異なるので、利益を出すために必要な金額にも差が出ます。

こうして、日本のような国だと定価が高くなり、海外には国内よりも安い国があるという状況が生まれます。同じ商品を買うにしても、海外で購入した方が安いので、海外でブランド品を買う人がいるわけです。

ある意味、並行輸入店は「海外でブランド品を買うプロ」と言えます。並行輸入品の仕入れ先は、日本よりも定価が低く設定されている海外の正規代理店や直営店、免税店・特約店が多いです。海外の正規店・直営店で購入しているので、偽物ではなくて本物になります。

ただし、並行輸入品は海外での販売が想定された商品ですので、日本国内向けのものと付属品などで違いが見られます。また、タグの一部を削ることもあります。そうする理由などは、下記リンク先にて

クリック→GMTのよくあるご質問ページで、タグを削る理由を確認

クリック→並行輸入品に関する情報を見てみる

クリック→ブランド腕時計の販売店ランキングを見る

GMTの取り扱いブランド

取り扱いブランドは、ロレックス、カルティエ、タグ・ホイヤー、IWC、パネライ、オメガ、シャネル、パテック・フィリップ、ブライトリング、ジャガー・ルクルト、ゼニス、ランゲ&ゾーネ、オーデマ・ピゲ、ヴァシュロン・コンスタンタン、ウブロ、ブレゲ、チュードル、ブルガリ、フランク・ミュラー、ベル&ロス、ボーム&メルシエ、ノモス、ロンジン、ボールウォッチなど。

クリック→GMTYahoo!店へ移動

GMTの評判 - レビュー・口コミ -

楽天市場のショップ・オブ・ザ・イヤーは、お客様から寄せられるレビューの他に、投票・売上・注文件数など、総合的な評価で選出されています。ですので、ショップの総合力が厳しく審査されます。逆に言えば、それで評価されることは安心できるショップの証ともいえます。

インターネット上で「時計専門店 GMT」という言葉と一緒に検索されているのは、偽物、ジーエムティー、東京都新宿区、評判、口コミ、です。

ブランド品を取り扱う人気店が、偽物という言葉付きで検索されるのは、お約束のようなもの。安ければ偽物を疑うものですし、ブランド品に偽物が出るのは、誰もが知る事実なので。

クリック→GMTのレビュー・口コミへ移動

「GMT」の特定法取引に基づいた情報