シュガーオンラインショップについて -株式会社イングリウッド-

シュガーオンラインショップを運営する株式会社イングリウッドは、東京都渋谷区に本社がある2005年設立の会社です。主な事業は、AI 研究・開発、ECコンサルティング事業、マーケティング事業、WEB広告事業、セールス事業、越境事業など。

「シュガーオンラインショップ」のほかに、「スニークオンライン ショップ」「フィレリーナ」「チャリアンドコー」「バンドリヤー」「エナジーフィット」「マーキープレイヤー」も運営しています。

取り扱いアイテムは、アパレル、バッグ、アクセサリー、帽子、靴など。

宅配便の送料は沖縄・一部離島が1,850円、それ以外が610円ですが、5,500円以上お買い上げで無料になります。ただし、離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。クレジットカードはVISA、MASTER、JCB、AMEX、Dinersが使用可能。Alipay、PayPal、NP後払いもできます。

クリック→楽天市場へ移動

偽物じゃないのに安いワケ

シュガーオンラインショップは2001年からマンハッタンとサンパウロに拠点を置き、欧米を含めた海外ブランドと直接取引をしています。そのため、最新作を安く提供できています。正規品の証明書として、過去5年のブランドレシート、輸入証明書類(インボイス)を保管していますとある通り、並行輸入店ですので国内定価よりも安く購入することができます。

ブランド品は国によって定価が違います。理由は宣伝活動やアフターサービスなどのコストが国によって異なるからです。どんな商品であれ、原材料費に製作費、開発費などに加えて、広告宣伝費や販売員の給与といったコストを回収できる値付けがされています。

つまり、日本のような人件費の高い国が、宣伝活動費や直営店や代理店の利益を計算に入れた場合、他国に比べて高い定価設定にする必要があります。国内直営店・正規代理店は、この価格で販売することが基本的には義務付けられていますので、安易に値下げすることもできません。

結果、海外で購入した方が安いということになります。旅行者が免税されるからという理由もありますが、海外でブランド品を買う人が多いのはこの為です。この海外で買うプロが並行輸入店です。

仕入れ先が日本よりも定価が低く設定されている海外の正規代理店や直営店、免税店・特約店といったところなので、商品は偽物ではなくて本物です。同じ本物を買うなら、並行輸入で買った方が賢いお買いものと言えるでしょう。

クリック→並行輸入品に関する情報を見てみる

シュガーオンラインショップの取り扱いブランド

アパレル・バッグ類は、アバクロンビー&フィッチ、アランミクリ、アルファ、アークテリクス、ブラックスケール、ブルックス ブラザース、バートン、カーハート、チャンルー、チャリ&コー、コーチ、ダカイン、ダニエル ウェリントン、ダイヤモンド サプライ、ディッキーズ、フェールラーベン、フランクリン&マーシャル、ジーショック、ジーショック ミニ、グレゴリー、ハーフマン、ハッピーソックス、ハーシェル サプライ、エイチティーシ、ハフ、インケース、ジャックスペード、ジャンスポーツ、ジョイリッチ、リル アーモンド、マークジェイコブス、マイケルコース、ミシカ、モンクレール、ナインファイヴ、ニューエラ、ザ ノースフェイス、オークリー、オベイ、パタゴニア、ペンドルトン、ポーラー、ピーアールピーエス、クオート、ラルフローレン、ロスコ、サタデーズ サーフ、シュウッド、スコッチ&ソーダ、スプレー グラウンド、スタンス、ステューシー、シュプリーム、テンディープ、スラッシャー、トリワ、アンディフィーテッド、ウィーウッド、ウィルレザーグッズ、エクストララージ、ゼンローブなど。

靴は、アディダス、オールデン、アレン エドモンズ、アンドロイド オム、アッシュ、アシックス、ビルケンシュトック、カミナンド、チペワ、チュバスコ、クラークス、コールハーン、クロックス、ダナー、ドクターマーチン、エミュー、ユーイング アスレチックス、ジーエイチバス、ハソーン、ハフ、アイランドスリッパ、キーン、ミネトンカ、ネイティブ、ニューバランス、ナイキ、オニツカタイガー、レインボーサンダル、ランコートアンドコー、レッドウィング、リーボック、ロイヤル リパブリック、セバゴ、ソルドス、スペリー トップサイダー、スペルガ、スープラ、ソログッド、ティンバーランド、スラッシャー、ティンバーランド、トリッカーズ、アグ、バンズ、ウォークオーバー、ウエスコ、ウルヴァリン、ホワイツブーツなど。

シュガーオンラインショップの評判 - レビュー・口コミ -

インターネット上で「シュガーオンラインショップ」という言葉と一緒に検索されているのは、ドクターマーチン、偽物、楽天、店舗、評価、口コミ、本物です。

ブランド品を取り扱う人気店が、偽物という言葉付きで検索されるのは、お約束のようなもの。安ければ偽物を疑うものですし、ブランド品に偽物が出るのは、誰もが知る事実なので。

「シュガーオンラインショップ」の特定法取引に基づいた情報

新築のビル[東京都渋谷区渋谷2-11-5 クロスオフィス渋谷メディオ7F]に移転予定です。