ブランドウォッチ ジュビリーについて -株式会社オペラ-

ブランドウォッチ ジュビリーを運営する株式会社オペラは、大阪府大阪市に本社がある1995年設立の会社です。主な事業は、高級時計の小売販売。本社は南久宝寺町、店舗は南船場になります。

大阪の中心地 心斎橋で営業しているインポートウォッチ専門店で、2016年に店舗内を全面リニューアルしています。ロレックスのみですが、御結納パッケージサービスがあり、紅白のケースと水引が無料で付けられます。

保証期間は、新品ロレックスが5年間、新品その他ブランドが2年間、USED全ブランドが1年間です。

送料は全国一律600円ですが、離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。支払い方法はクレジットカードのほかに、ショッピングクレジット/ローン、コンビニ払いも利用できます。

ブランドウォッチ ジュビリーの取り扱いブランド

取り扱いブランドは、パテックフィリップ、ランゲ&ゾーネ、オーデマ・ピゲ、ヴァシュロン・コンスタンタン、ロレックス、ゼニス、ジャガー・ルクルト、フランク・ミュラー、パルミジャーニ・フルーリエ、ウブロ、ブレゲ、ロジェ・ドゥプイ、パネライ、IWC、タグホイヤー、チュードル、ブライトリング、ジェラルド・ジェンタ、フォリフォリ、ボーム&メルシェ、オメガ、オリス、ジン、ハミルトン、カルティエ、ショーメ、ピアジェ、ルイ・ヴィトン、シャネル、ショパール、ブルガリ、エルメス、コルム、グッチなど。

クリック→ブランドウォッチ ジュビリー楽天市場店へ移動

偽物じゃないのに安い理由

「日本未発売」「未輸入モデル」のチュードル(新品)を売っているのを見ればわかる通り、ブランドウォッチ ジュビリーは並行輸入をしているショップです。並行輸入について説明する前に、ブランド品は国によって定価が違うことに触れておきます。

どんな商品でも、原材料費や人件費、広告費や運送費といったコストを回収できる価格設定をしています。そうしないと、売った分だけ損をするからです。同じ商品を展開するにしても、このコストは国によって異なるので、利益を出すために必要な金額にも差が出ます。

こうして、日本のような国だと定価が高くなり、海外には国内よりも安い国があるという状況が生まれます。同じ商品を買うにしても、海外で購入した方が安いので、海外でブランド品を買う人がいるわけです。

ある意味、並行輸入店は「海外でブランド品を買うプロ」と言えます。並行輸入品の仕入れ先は、日本よりも定価が低く設定されている海外の正規代理店や直営店、免税店・特約店が多いです。海外の正規店・直営店で購入しているので、偽物ではなくて本物になります。

ただし、並行輸入品は海外での販売が想定された商品ですので、日本国内向けのものと付属品などで違いが見られます。詳しくは、下記リンク先にて。

クリック→並行輸入品に関する情報を見てみる

クリック→ブランド腕時計の販売店ランキングを見る

ブランドウォッチ ジュビリーの評判 - レビュー・口コミ -

インターネット上で「ブランドウォッチ ジュビリー」という言葉と一緒に検索されているのは、評判、偽物、楽天、評価、電話番号、店舗、住所です。

ブランド品を取り扱う人気店が、偽物という言葉付きで検索されるのは、お約束のようなもの。安ければ偽物を疑うものですし、ブランド品に偽物が出るのは、誰もが知る事実なので。

「ブランドウォッチ ジュビリー」の特定法取引に基づいた情報